公益社団法人宇都宮青年会議所

 局・委員会事業計画

  法令会計審査局

局長 稲見 浩之


宇都宮青年会議所に属する私たちは、公益社団法人としての存在意義と社会的責任を十分に認識し、常に社会から見られているという自覚を持ち、自らの行動や発言を律していかなければなりません。また、社会からより一層の信頼を得られる組織として、公益性の高い事業を構築するともに、健全な財務体制を確立し、コンプライアンスを遵守する強い組織であり続ける必要があります。
まずは、公益社団法人として責務を果たすために、透明性のある組織運営と健全な財務運営を行い、市民から信頼される組織を構築します。そして、各種事業の適正な会計処理や法令への抵触及び公益性の有無を確認するために、財政審査、コンプライアンス審査と公益審査を行い、費用対効果が高く、法令遵守を徹底した事業の実施を促進します。さらに、社会から信頼を集めた盤石な組織を確立するために、公益社団法人として定款、諸規定を遵守し、社会からの信用を集める秩序ある組織を実現します。また、公益社団法人としての事業構築のプロセスを踏むために、主務官庁提出の事業計画書の作成指導及び審査と主務官庁との連携を行い、公益性の高い事業の実施を促進していきます。そして、私たちが展開する事業活動の原資として外部収益の財源を確保と情報管理をするために、賛助会員への対応の窓口を行い、健全かつ安定的な財務状況を維持します。さらに、メンバー一人ひとりがコンプライアンスに関する専門的な知識に対して理解を深めてもらうために、コンプライアンス事業を実施し、各委員会が法令や定款に基づいた事業運営を適正に行えるようにします。
私たちは、公益性の高い事業の構築を推進するとともに、健全な財務体制の確立とコンプライアンスを遵守することで、社会から確固たる信頼を得て、強い組織であり続けることにより、魅力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.透明性のある組織運営と健全な財務運営
□□□□□2.各種事業の財政審査、コンプライアンス審査、公益審査の実施
□□□□□3.公益社団法人としての定款、諸規程管理
□□□□□4.主務官庁提出の事業計画書の作成指導及び審査と主務官庁との連携
□□□□□5.賛助会員への対応窓口
□□□□□6.コンプライアンス事業の実施
□□□□□7.宇都宮JCの未来を担う人財の発掘
□□□□□8.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  総務委員会

委員長 石原 勝経


宇都宮青年会議所は、公益性の高い事業を通して市民から信頼される組織として、市民と連携しながらまちづくり活動を展開してきました。私たちが今後もまちを牽引する存在として、地域からの信頼をより一層深めていくことが必要であり、規律と秩序を大切にする意識を組織全体に浸透させていくとともに、公正で健全な組織基盤を確立し、強い組織を構築することが求められています。
まずは、公正な組織づくりと質の高い事業を構築するために、組織内の最高意思決定機関である総会の準備設営を実施し、自由な意思表示をおこなえる場を確保します。また、理事会等の諸会議を設営することにより、質の高い議論をおこなえる場と、健全な組織基盤を確立します。そして、規律ある組織の運営と質の高い事業構築のために、総会及び理事会等諸会議の資料ならびに議事録の作成と管理を徹底し、諸会議での決定事項とそこに至るまでの過程を共有化しいます。さらに、組織内における例会や事業の実施、諸大会への参加に際しての円滑な委員会活動を支援するために、事務局とJCルームの維持管理及び備品の管理を継続的に実施し、効果的で且つ効率の良い活動ができる環境を整備します。また、各局、各委員会内で決定した重要事項や案を正確に記録、保存するために、委員会議事録と対外発信文書の管理を徹底し、委員会内での決定事項と過程の共有化と事業実施の円滑化を図ります。そして、組織内での緊密な連絡体制を整えるために、各種メーリングシステムを構築、運用し、組織内外における最新の情報を迅速かつ効率的に周知します。
私たちは公正で健全な組織基盤を確立し、運動を波及させていくための環境を整えることで、まちを牽引するのは宇都宮青年会議所であるという市民からの信頼をより一層得られる強い組織を構築し、魅力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.総会・理事会諸会議の運営
□□□□□2.総会及び理事会等諸会議の資料と議事録の作成・管理
□□□□□3.事務局・JCルームの維持管理及び備品の管理
□□□□□4.委員会議事録・対外発信文書の管理
□□□□□5.各種メーリングシステムの構築・運用
□□□□□6.宇都宮JCの未来を担う人財の発掘
□□□□□7.JCI・日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  渉外委員会

委員長 店橋 宏尚


宇都宮青年会議所は、明るい豊かな社会の実現に向けて、多くの市民に対して、我々の 運動を周知し、関係諸団体と連携を図り、まちの発展に寄与し続けてまいりました。さら に、市民が必要としている運動を展開し住み良いまちづくりを行っていくには、今まで以 上に関係諸団体との連携を強化するとともに、円滑な組織運営を行う強い組織となること が必要です。
まずは、理事長及び役員の対外活動を滞りなく遂行させるために、理事長及び役員の補 佐業務を行い、関係諸団体との信頼関係を構築します。そして、2017年度の理事長所 信及び活動方針を関係諸団体に周知するために、新春交流会を実施し、諸団体との関係の 緊密化と運動の効果的な波及に繋げます。さらに、JCI・日本JCが実施する事業への 参加をメンバーに促すために、事業に関する情報提供と参加者への対応窓口となり、メン バーに成長の機会を提供します。また、シニアクラブ及び関係諸団体との円滑な交流を図 るために、シニアクラブ及び関係諸団体との連絡調整を行い、密接な関係を構築します。 そして、姉妹JCと密な情報交換を行うために、姉妹JCとの窓口となることで、友好関 係を維持します。さらに、災害が発生した地域の各種団体と協力して事態に対処するため に、災害発生時における各種支援の窓口となることで、迅速で適切な支援を実行します。 また、全国大会で地域の資源や魅力の活用方法を知るために、第66回全国大会埼玉中央 大会視察事業を行い、宇都宮青年会議所の今後の事業構築のヒントにします。
私たちは、関係諸団体と強固な組織間の協力体制を構築し、運動を効果的に波及させ環 境を整えるとともに、市民の信頼に応える強い組織となることで、魅力あふれるまち宇都 宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.理事長及び役員の補佐業務
□□□□□2.新春交流会の実施
□□□□□3.全国大会視察事業の実施
□□□□□4.JCI・日本JCが実施する事業への対応
□□□□□5.シニアクラブ及びじゃがいもクラブへの対応
□□□□□6.関係諸団体への対応
□□□□□7.姉妹JCの窓口
□□□□□8.災害発生時における各種支援の窓口
□□□□□9.宇都宮JCの未来を担う人財の発掘
□□□□□10.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  研修委員会

委員長 加藤 猛仁


近年、一部の企業や政治家が起こす、モラルを欠くニュースを耳にする機会が増えてお り、日本人が古くから大切にしてきた関係、評判、信頼といった、目に見えない「心」が 軽視されている傾向があります。物質的な豊かさと精神的な豊かさを両立させるには、「心」 の価値の重要性を再認識するとともに、自らの生き方を見つめ直し、「豊かな心」を兼ね備 えた人財の創出が必要です。
まずは、他者との関係性を重んじる魅力ある人財を育成するために、日本古来の目に見 えない、「心」の価値の重要性を再認識する研修事業を実施することで、その大切さを見出 し、自分の生き方を見つめ直す機会を提供します。そして、物質的な豊かさと精神的な豊 かさを両立する社会を実現するために、私利私欲に目を奪われず、他者を思いやる「豊か な心」を培う研修事業を実施することで、貨幣という目に見える価値を追求することから、 「心」という目に見えない価値との両立ができる人財を創出します。さらに、まちを牽引 する我々が自己研鑽を重ねるために、日本青年会議所が主催する各種事業や諸大会に積極 的に参加することで、LOMでは経験できない各地の多種多様な価値観に触れ、まちの地 域資産や魅力を再認識し、今後の事業構築のヒントにします。また、宇都宮青年会議所が 永続してJC運動を力強く展開していくために、宇都宮青年会議所の未来を担う人財を発 掘することで、多種多様な価値観が融合し、組織に強い推進力を与え、明るく豊かな社会 に貢献できる人財を一人でも多く増やします。
我々は、日本人が古くから大切にしてきた「心」の重要性を再認識し、自らの生き方を 見つめ直す機会を提供するとともに、「豊かな心」を兼ね備えることで、目に見えない価値 を大切にする魅力ある人財を一人でも多く創出し、魅力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.心の価値を再認識する研修事業の実施
□□□□□2.豊かな心を培う研修事業の実施
□□□□□3.宇都宮JCの未来を担う人財の発掘
□□□□□4.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  青少年育成委員会

委員長 小林 一匡


近年、核家族世帯の増加やライフスタイルの多様化により、地域内における近隣関係が 希薄になり、子どもたちが身近な大人から正しい倫理観や郷土愛を学習する機会が減少し ています。現代の子どもたちが健やかに成長するには、家庭や学校だけでなく、地域の身 近な大人たちが率先して子どもたちと接し、社会生活に必要な正しい倫理観を伝え、郷土 愛を醸成し未来のまちづくりの担い手を育成することが必要です。
まずは、青少年が社会生活に必要な規範、精神性を身に着けるために、「第36回わんぱ く相撲うつのみや場所」を開催し、子どもたちが相撲を通じて大人たちと触れ合うことで 礼節や礼儀を学び、日本人が大切にしてきた他者を思い遣やる心を育みます。そして、優 勝した高学年の子どもたちが第33回わんぱく相撲全国大会の優勝を目指すために、我々 が全国大会の対応と引率を行い、子どもたちに夢と希望に向かって挑戦する心を育みます。 さらに、このまちを愛し、誇りを持った未来のまちづくりの担い手を一人でも多く創出す るために、由緒ある宇都宮のまちの歴史と、素晴らしい文化の魅力に触れる事業を実施し、 子どもたちの郷土愛を醸成します。また、青年会議所が地域社会における存在価値を高め、 運動にさらなる推進力を生みだすために、宇都宮JCの未来を担う人材の発掘を行うこと により、一人でも多くの市民に我々の行う運動を伝播します。そして、LOMでは経験で きない感動や、新しい視点を得るために、JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会 へ参加することで、LOMの行う事業に新たな可能性を見出します。
まちを牽引する我々が、社会生活に必要な正しい倫理観と、生まれ育ったこのまちに誇り と郷土愛を持ち合わせた未来のまちづくりの担い手となる人財を一人でも多く創出し、魅 力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.第36回わんぱく相撲うつのみや場所の実施
□□□□□2.第33回わんぱく相撲全国大会の対応
□□□□□3.青少年の郷土を醸成する事業
□□□□□4.宇都宮JCの未来を担う人材の発掘
□□□□□5.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  宮まつり委員会

委員長 中嶋 徳光


宇都宮市では、宇都宮JC創立10周年の記念事業として始まったふるさと宮まつりに 代表される市民協働のまちづくり事業が行われている一方、単身世帯や若年世代の自治会 加入率減少等、自らの住むまちの地域活動に対する関心が低下している傾向にあります。 市民協働のまちづくりを推進していくためには、市民の地域活動への関心と自らのまちを 愛する心をさらに高め、率先してまちづくりに参加できる機会を提供することが必要です。
まずは、行政や各種団体と連携し、安心安全で円滑な市民協働のふるさと宮まつりを実 施するために、開催委員会事務局・実行本部への出向と各部会・団体との連絡会議を実施 することで、正確かつ迅速な情報共有を行うことのできる信頼関係を構築し、団体相互の 連絡体制の質を向上させます。そして、市民のまちづくりへの参加の機会を提供するため に、第1回から続くふるさと宮まつりのテーマ「であいとふれあいの広場」を基に、市民 目線に立った魅力ある企画を考案し、多くの市民を巻き込んだ第42回ふるさと宮まつり の運営を行うことで、市民の自らが住み暮らすまちへの関心を高めます。さらに、市民自 らが住み暮らすまちを愛する心を高めるために、昔から地域に受け継がれる伝統文化や郷 土芸能の魅力を市民共有の財産として広く周知することで、自身の住み暮らすまちへの誇 りをさらに高めます。また、市民協働で行うふるさと宮まつりを今後も継承していくため に、永続性を見据えた事業の検証を行うことで、反省点や運営上の問題点を明確にして改 善点を導き出し、ふるさと宮まつりが今後もさらに、より良い事業となる道筋を創ります。
私たちは、第42回ふるさと宮まつりを通じて、まちづくりの根源である、市民が住み 暮らすまちへの関心と自らのまちを愛する心をさらに高め、率先して地域活動に参加でき る機会を提供して市民協働のまちづくりを推進し、魅力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.第42回ふるさと宮まつりの企画・運営
□□□□□2.開催委員会事務局・実行本部への出向と各部会・団体との連絡会議の実施
□□□□□3.宇都宮JCの未来を担う人材の発掘
□□□□□4.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  政策委員会

委員長 谷口 宗太郎


宇都宮市は、第2次市民協働推進計画「みんなでまちづくりプラン」に基づき、市民協 働のまちづくりが推進されている一方、自治会への加入率は年々低下しているという統計 などから地域活動への関心が低い市民も多い現状があります。市民協働のまちづくりをよ り推進していくためには、未だまちづくり活動に参加したことのない市民に、身近で気軽 な地域活動の場を通じ、まちづくり活動への参加するきっかけを提供することが必要です。
まずは、JCメンバーが宇都宮市の行う施策と未来へのビジョンを理解するために、行 政の取り組みと今後の展望を学ぶ事業を行い、今後の事業構築や運動を行う一助とします。 そして、JCメンバーのまちづくりを牽引する当事者意識を醸成するために、宇都宮市長 とJCメンバーが懇談する機会を設けて、一人ひとりが率先してまちのために行動する意 識を高めます。さらに、宇都宮市が進めている市民協働のまちづくりの現状を把握するた めに、行政の取り組みを調査研究し、市民協働のまちづくりを推進する糸口を見いだしま す。また、地域活動の現状を把握するために、既存の身近で気軽な地域活動を調査し、市 民が参加しやすい地域活動について考察します。そして、地域活動を効果的に進めるため に、各種企業団体と連絡会議を行い、各種企業団体との連携を深めます。さらに、市民の 住み暮らすまちへの関心を高めるために、市民のまちづくりへの意識を喚起する事業を実 施し、市民のまちづくり活動への参加数を増やします。また、JC運動を力強く展開して いくために、未来を担う人財を発掘し、まちづくりを牽引する人財を育成します。
我々は、未だまちづくり活動に参加したことのない市民の暮らすまちへの関心を高め、 まちづくり活動への参加を促進することで市民協働のまちづくりを推進し、魅力あふれる まち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.行政の取り組みと今後の展望を学ぶ事業の実施
□□□□□2.市民のまちづくりへの参加意識を喚起する事業の実施
□□□□□3.宇都宮JCの未来を担う人財の発掘
□□□□□4.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  広報発信委員会

委員長 齋藤 隼人


宇都宮市は、PRできる要素が多い魅力を持ったまちであり、その魅力を各種団体や行 政、マスコミ等の情報発信母体が積極的に情報発信しています。より多くの人々に効果的 にまちの魅力を発信していくためには、情報発信母体が有益な情報を共有し、それぞれの 得意な手法で発信していくことが重要であり、そこに個人による発信を加えることで、市 民がまちの魅力に触れる機会を増やしていくことが必要です。
まずは市民に情報発信する材料を得るために、JCが主催・参加する事業の記録・管理 をし、市民に分かりやすく正確な情報を届けます。そして、我々が有益な情報を共有する ために、各情報発信母体との連携を図り、各々の得意とするやり方でまちの魅力の発信し、 多くの市民にまちの魅力を伝えます。さらに、宇都宮JCの運動・事業を市民に情報発信 していくために、各担当局・委員会との連携を強化し、各運動・事業の広報活動を支援す ることにより、市民により情報を効果的に伝える仕組みを確立します。また、市民が情報 の共有と新しい情報に接する機会を増やすために、宇都宮及び宇都宮JCに係わる情報の 受発信を行うことで、市民にまちの魅力と宇都宮JCの活動を伝えます。そして、市民そ れぞれの情報発信のスキルを高めていくために、情報発信の効果的な手法を学ぶ事業を実 施し、新たに情報発信する市民を増やすとともに、発信する情報の質を上げ、発信力を強 化し、市民が積極的に宇都宮の情報を自ら発信する機会を増やします。
我々は、情報発信母体の有益な情報の共有を行い、効果的な情報発信を行うとともに、市 民による情報発信を増やしていくことで、多くの市民がまちの魅力に触れる機会を創出し、 多くの人にまちの魅力が周知され、魅力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.宇都宮JCが主催・参加する事業の記録・管理
□□□□□2.情報発信母体との連携によるまちの魅力の発信
□□□□□3.各種事業における担当局・委員会との連携と広報活動の支援
□□□□□4.宇都宮及び宇都宮JCに係わる情報の受発信
□□□□□5.効果的な情報発信を学ぶ事業の実施
□□□□□6.宇都宮JCの未来を担う人材の発掘
□□□□□7.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  国際交流委員会

委員長 片岡 広巳


宇都宮市は、近年外国人向けサービスの拡充や積極的なプロモーション活動を行うこと で、宇都宮の認知度を高め、外国人の来訪者数の増加につなげています。さらに来訪者を 増やすためには、行政の取り組みに加え、市民と外国人がより良い関係を構築するととも に、宇都宮の認知度を高め、世界中に宇都宮のファンを増やしていく必要があります。
まずは、我々が外国人の異文化に対する理解と認識を深めるために、市内の在日外国人 と訪日外国人の実態調査を行い、適切な交流手段を模索します。そして、市民と外国人と の交流を図るために、市民の外国人に対する受け入れ意識を醸成する事業を実施し、市民 が積極的に交流し異文化を体感することで、市民の潜在的に持っている外国人に対する苦 手意識を取り除きます。さらに、市民と外国人の交流を活性化するために、市民と外国人 が相互理解を深める事業を実施し、互いの文化や習慣を理解し尊重できる関係を築きます。 また、外国人にまちの魅力を体感してもらうために、行政や関連団体と連携し、市民と外 国人がともに活動できる場を構築することで、外国人がより一層宇都宮の文化を知るとと もに、宇都宮のイメージの向上を図ります。そして、外国人との交流の輪を拡げていくた めに、継続して交流や情報提供を行う仕組みを確立することで、今後のより一層の交流の 活性化をもたらします。さらに、宇都宮のファンを増やしていくために、市民一人ひとり の受け入れ意識の向上を図り、我々が中心となり交流の懸け橋となることで、自国におい て宇都宮の魅力を積極的に発信する外国人を増やします。
我々は、市民と外国人が積極的に触れ合い、互いを理解し尊重できる関係を築く懸け橋 となり、宇都宮の認知度を高めるとともに来訪外国人による自国での宇都宮の魅力の発信 を促すことで、世界中に宇都宮のファンを増やし、魅力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.外国人に対する受け入れ意識を醸成する事業の実施
□□□□□2.外国人との相互理解を深める事業の実施
□□□□□3.宇都宮JC未来を担う人財の発掘
□□□□□4.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  出向者支援特別委員会

特別委員長 渋江 恵一朗


宇都宮JCは、明るい豊かな社会の実現に向けて、メンバー一人ひとりが自己研鑽を繰 り返し、地域社会が抱える課題解決に率先して行動することが求められています。そこで、 その行動を加速させるべく、出向の機会を通じて、様々な出会いと経験を享受した出向者 が成長することにより、そこで得たものをLOMに還元し、LOMメンバーが成長するこ とで、まちの明るい未来に繋がるインパクトのある運動を展開していくことが必要です。
まずは、本年度の出向者が個々の力を最大限に発揮し、責務を遂行してもらうために、 出向の目的や意義を伝えることで、日本JCの運動に参加する心構えや当事者意識の昂揚 を図ります。そして、LOMが円滑に出向者の支援を行えるようにするために、日本JC 本会や地区協議会、ブロック協議会からの情報共有を迅速に行うとともに、出向者が協働 連携を通じて、出向先で円滑に活動できる体制を構築いたします。さらに、LOMが輩出 する日本JC役員に役職を全うしていただくために、先を見据えた綿密なスケジュール管 理の策定や連絡調整を執ることで、多岐に渡る業務を円滑に遂行できる体制を構築いたし ます。また、出向者がさらなる見識を深めるために、JCI、日本JCの主催する各種事 業や諸大会への積極的な参加を促し、LOMでは味わうことができない事業を体感するこ とで、成長の機会を享受します。そして、出向者が宇都宮JCの枠を超えた運動に関わる ことで得た多くの学びや魅力を周知するために、出向者報告事業を実施し、LOMメンバ ーの出向に対する価値を見出し、関心や理解を深めることで出向への参画意識を高めます。
我々は、出向を通じて、全国各地のメンバーとの出会いと経験による自己成長を享受し、 そこで得たものをLOMに還元することで、LOMメンバーの成長を促し、まちの明るい 未来に繋がるインパクトのある運動を展開し、魅力あふれるまち宇都宮を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.出向者報告事業の実施
□□□□□2.LOMと出向者との情報共有と協働連携
□□□□□3.LOMが輩出する日本JC役員の補佐業務
□□□□□4.宇都宮JCの未来を担う人材の発掘
□□□□□5.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加

  会員拡大特別委員会

特別委員長 菊地 健太郎


宇都宮青年会議所は、愛するまちを明るい豊かな社会にするために、限られた時間の中 で、組織力と人間力を磨き、JC運動を率先して地域に波及し続けています。我々JAY CEEは、より効果的にまちづくりを推進していくために、多種多様な価値観を持つ人財 を数多く創出し、自からが考え行動できる人財を育成し続け、力強くJC運動を地域に展 開していくことが必要です。
まずは、効果的な会員拡大運動の手法を考案するために、各地青年会議所の会員拡大手 法を調査するとともに、既存の会員拡大の手法を検証し、LOMのニーズや地域性に適し た手法を確立します。そして、宇都宮JCの未来を担う人財の育成を推進させるために、 入会希望者の窓口となり、入会後スムーズにJC活動に取り組めるようフォローアップを することで、JC活動への知識や積極的に取り組む意識の向上と、次世代を担う人財の入 会者を創出します。さらに、JAYCEEとしての心構えを学ぶために、アカデミー研修 を開催し、組織の仕組みや規律、JC運動の魅力を理解し能動的に行動できる人財を育成 します。また、今年度歩んだ運動を見直すために、年間総括事業を実施することで、自ら の成長を自覚し、今後のJC運動への意欲を高めます。そして、感謝と敬意を持って卒業 生の門出を祝すために、軌跡をたどる卒業式の設営を行うことで、厳粛で清新な気持ちで 華やかに卒業生を送り出します。さらに、全国各地の多種多様な価値観に触れるため、J CI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加を促し、様々なファンクシ ョンを経験することで、より幅広い視点でJC活動に取り組めるようにします。
JCがまちづくりとひとづくりを担う多くの仲間を創出し、志の高い人財へと導いてい くことで、力強い組織へと進化し、JC運動を地域に伝播させ、魅力あふれるまち宇都宮 を創造します。

<事業計画>
□□□□□1.入会希望者の窓口・フォローアップ
□□□□□2.新人研修のための基礎研修の実施
□□□□□3.卒業式並びに年間総括事業の実施
□□□□□4.宇都宮JCの未来を担う人財の発掘
□□□□□5.JCI、日本JCの主催する各種事業や諸大会への積極的な参加