公益社団法人宇都宮青年会議所

        

活動報告

  4月21日(日) 4月例会 宇都宮未来ロード〜乗れば愉kAIだ宇都宮〜

 

 4月例会AI技術の可能性を探る事業「宇都宮未来ロード〜乗れば愉kAIだ宇都宮〜」では、市民が自動運転を軸とするAI技術の正しい知識を取り入れ、今後の技術革新で変わっていく新しいまちの姿を想い描いてもらうことを目的として開催しました。
200名を越える来場者にご参加いただき、「自動運転を軸としたAI技術を知ることができた」「AI技術がここまで来ているとは知らなかった」などの意見をいただきました。
自動運転技術やAI技術は今後、行政、企業、市民が様々な活用の方法を模索し、取り入れて行くことで、生活に欠かせないものになっていくと思います。
今回の事業を通して、市民向けの自動運転技術やAI技術の現状を知り、活用するきっかけづくりの一端を担えたのではないかと考えます。
また持続可能な社会の実現に向けて、さまざまな視点から問題解決に挑戦していかなければならないと感じました。